外肛門括約筋

 外肛門括約筋とは、内肛門括約筋の外側を囲むように存在する筋肉です。
 これは先に説明した内肛門括約筋とは違い、「随意筋」の一種です。随意筋とは脊髄神経で支配されている筋肉であり、手足の筋肉と同様、本人の意思通りに動かすことができる筋肉です。急に便意を催した場合など、意識的に便を止めるような場合には、この外肛門括約筋を使います。

このカテゴリー痔のしくみでは以下のことも知ることができます。

肛門の構造
歯状線の奥と手前の違い
歯状線と痔瘻
肛門に存在する筋肉
内肛門括約筋
外肛門括約筋

痔はこんな病気

痔の種類

その他肛門の病気

痔の予防と治療法

腸内環境を整える

痔の手術

【注意】
当サイトは、痔(ぢ)関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けることをお勧めします。