痙攣性便秘

 痙攣(けいれん)性便秘とは、腸が何らかの原因によって過敏になり、腸が不自然な痙攣を起こすことで、正常に便が流れなくなってしまう症状です。
 痙攣性便秘は、他の便秘と違い、強い腹痛を伴います。これは腸が過敏な反応を起こすことによって起こるもので、主に食事の直後に痛みが出るケースが多く見られます。
 この痙攣性便秘にかかると、激しい腹痛と便意があるにもかかわらず排便できないという状態が続きます。そういった意味でも、患者にとって苦しい便秘です。

このカテゴリー便秘を防止するためにでは以下のことも知ることができます。

便秘と痔の関連性
便秘と生活習慣
便秘による身体への影響
便でわかる腸の健康状態
理想的な便とは
便の状態から判断できる体調不良
茶色い便から判断できる体調不良
灰白色の便から判断できる体調不良
緑色の便から判断できる体調不良
黒色の便から判断できる体調不良
赤色の便から判断できる体調不良
普段の便について知っておく
おならと健康の関係
おならとは何か
おならに含まれる成分とは
おならにふくまれる悪臭の成分
食物繊維とおなら
便意を我慢するとどうなるか
便意の我慢と便秘の関係
直腸性便秘とは
排便が起こる仕組みとは
胃・結腸反射とは
胃・結腸反射を利用した便秘対策
朝の水分補給の方法
ココアの持つ対便秘効果
コーヒーと便秘
姿勢・結腸反射(起立反射)
視覚反射
赤ちゃんの腸が最も丈夫であることについて
母乳と腸の健康
2種類の便秘
便秘の定義
排便のタイミングは人それぞれ
気づかないうちに起こっているタイプの便秘
注意すべき残便感
ニセの便意は赤信号
便秘の種類
器質性便秘と機能性便秘
機能性便秘とは
機能性便秘(1) 弛緩性便秘
弛緩性便秘の原因
痙攣性便秘
痙攣性便秘の原因
直腸型便秘とは
直腸型便秘の原因
器質性便秘とは
炎症性の腸疾患
腸以外の病気による器質性便秘
急性の便秘について
便秘に伴う身体的不調
便秘に伴う身体的不調(2)
便秘に伴う身体的不調(3)
便秘に伴う身体的不調(4)
便秘に伴う身体的不調(5)
注意すべき便秘の症状
危険な便秘の症状
肥満と便秘
器質性便秘の原因
便秘と関連のある病気
鬱病と便秘
糖尿病と便秘
やや特殊な便秘の原因
便秘と下剤
下剤を使用することによって悪化する便秘
食物繊維は何故便秘に効くのか

痔はこんな病気

痔の種類

その他肛門の病気

痔の予防と治療法

腸内環境を整える

痔の手術

【注意】
当サイトは、痔(ぢ)関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けることをお勧めします。